写真をとるとき小顔にみえるちょっとしたコツ

新宿で女性の肩こりを二人三脚で『変える』ボディワークセンター水仙花です

写真をとってみるとなんだか顔が大きく見える、失敗写真が多い、という人はたいてい、頭蓋骨の位置を斜めにしてしまっています。

頭蓋骨は楕円形なので、斜めになると顔が大きく見えてしまいます。

さらに首が短くみえてしまったり、二重あごになってしまったりという悲しい副作用も(涙)

 

大昔の淑女は頭の上に本を置いて歩く練習をしたそうです。アフリカやヨーロッパの古い国では頭の上にたくさん水がめを乗せて歩くことができるのが美人の条件という国もあります。

頭蓋骨が平らになる位置だと、小顔に見えるので写真をとるときなど試してみてください。

水仙花のボディワーク
空室をチェック


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。